中途採用社員の育て方

中途採用社員の育成に必要な研修のポイント

中途採用社員の人材活用を積極的に行っている企業の数は日本中に多くありますが、仕事上で前職で習得したスキルをしっかりと発揮してもらうために、研修の方法に工夫をすることが何よりも大切です。特に、中途採用社員を対象とした研修の計画を立てるにあたり、プロのキャリアカウンセラーなどからアドバイスをもらったり、外部の専門的なジャンルの優秀な講師に依頼をしたりすることがおすすめです。
また、中途採用社員の年齢やキャリア、能力などを事前にきちんと把握をすることで、理想的な研修の進め方について、人事担当者の間で話し合いをすることが肝心です。その他、研修の効果を確認するために、職場内で上司による聞き取りを行うことも重要です。

中途採用社員に適した研修のテーマを選ぼう

中途採用社員が仕事に対するモチベーションを高めるにあたり、定期的に有意義な研修の機会を設けることが肝心です。特に、業務に関する内容を学べる研修を積極的に導入することで、一人ひとりの社員のスキルアップにつながることもあります。例えば、英会話や情報処理、ビジネスマナーなどのテーマは、多くの企業で選択されることがありますが、日頃からライバル企業の研修の取り組みを確認しながら、研修の計画を立てることがポイントです。 また、中途採用社員の人数や職種などによって、研修のテーマに工夫をすることで、教育効果を高めることも可能です。なお、研修を行う前に一人ひとりの中途採用社員と面談を行うことで、仕事上の問題点について把握をしておくことも良いでしょう。