新卒社員が定着する社員教育

新入社員をやめさせないための社員教育の工夫とは

四月になると多くの新入社員が入ってくる会社もありますが、その中で重要になるのはいかに社員をやめさせないかです。もちろんどのようない努力をしても数人はやめてしまうものですが、少しでも多くの社員を残して戦力にすることで、会社の売り上げを伸ばすことができるようになります。そこで重要になるのは、社員教育でしょう。まず社員教育の中で行っていくのは社員同士でコミュニケーションがとれる仕組みを作ることです。放っておいても同期同士ではコミュニケーションをとりますのでその点に関しては特に力を入れる必要ありませんが、問題は上司との関係です。上司との関係がしっかりしていれば会社をやめたがる社員が減少する傾向にありますので、その点を徹底して教育する必要があります。

モチベーションを高めることも教育で必要

新入社員をやめさせないようにするだけでなく、社員をしっかりと育てるためには基本的なことだけを教えても意味がありません。基本的な動作やマナーを教えるのは当然としても、人間を成長させる場としての会社づくりが重要になります。そこで新入社員教育として取り入れたいことの一つは、ほめる教育を徹底することです。人間には、ほめることで成長する人と欠点を叱ることで成長する人の二つのパターンがあります。このうち、ほめることで成長する人の方が多く、よりその人の能力を伸ばすことができるでしょう。
もちろんその一方で、だめなことをしてしまった場合の対応策も考える必要があります。この時には、単にしかるのではなくどのような理由で駄目なのかもしっかりと説明することで社員の心に響き、ミスを減らすことができるようになります。