効果有り??社員教育方法!

社員教育の必要性について

会社などで新人を採用すると、日々の仕事の実践を通じて業務を覚えてもらうことが基本になります。実際の業務はそれぞれの職場で異なるので、具体的にはそれぞれの職場で教えることになります。しかし、社会人として、あるいはその会社の社員として共通するマナーなどについては、一括して教育した方がよいこともあります。また、実際の業務に関しても、日々業務をこなしているだけでは、ただ漫然と時を過ごすことにもなりがちなので、そこで学び取るべき事柄を確認しておくことが必要になります。それぞれの内容について、どのように教えるのかについては異なりますが、仕事をしながら、それとは別に教育を受けることが、特に新人の間には大切なのです。

教育方法の評価について

このような社員教育が役に立っているのかについては、その評価は簡単ではありません。学校の勉強などでは、試験などを通じて学習の程度を知ることができますが、仕事を試験するというわけにもいかないからです。
そこで、業務の遂行を通じて教育の効果を確かめることになりますが、これには二つの方法があります。一つは自己申告で、もう一つは周囲の評価です。後者については、特に直接の上司による評価が重要です。これらの方法については、それぞれ独立したものではなく、両者において近い評価がされている場合に、教育の効果がよく発揮されていると考えられます。このような評価を通じて、教育方法自体の工夫にフィードバックさせていくことも、また重要なのです。