部下の育て方

効果的な教育方法とは

部下を育てることは企業の発展に繋がります。スキルを身に着け、同じ志で業務にあたることによって全体の士気も高まります。しかし他人が一堂に会する職場では全員が同じレベルのスキルを持ち、同じ気持ちで仕事に取り組むことができるとは限りません。だからこそ上司は部下を育てていくことがとても大切なのです。では具体的にどのような教育の仕方をしていけば良いのでしょうか。
効果的なのは適度な責任感と課題です。どんな仕事であっても責任というものが伴うため、それを意識しながら仕事に取り組む姿勢を知ってもらうためにも現在のレベルよりも少しだけ重い責任を与えます。成功すれば達成感を味わうことができ、失敗すれば挫折に近いものを理解してもらうことができるのでどちらに転んでも人間的な成長が期待できます。また仕事には必ず、いつまでに終わらせるべきなのかという期限を設けて課題としましょう。

絶対にやってはいけない教育方法

教育だからと言ってなんでもやっていいというわけではありません。強い言葉で叱咤したり、大勢の社員の前で愚弄したりする行為は精神的に追い詰めるだけとなってしまいます。部下を教育するのであればモチベーションを下げないように成長をサポートさせていくことが重要です。叱ることも大切ですが、それは他の社員がいない場にするというような配慮を見せましょう。
また身の丈に合っていない仕事を押し付けるのもやってはいけません。その人のレベルに明らかに合っていない仕事を与えたり、1人では抱えきれないほどの量を与えたりすれば、部下は不満を募らせる一方となってしまいます。「成長のため」という便利な言葉の使い方を間違えないように気をつけましょう。

新人研修で学ぶべき最も重要なポイントは、外に出ても恥ずかしくない社会人としてのマナーです。名刺の渡し方、お酒の席、目上の方との話し方など、新人という期間でしか学べないことを研修で学びましょう。